2017年05月19日

キムタク「月9消滅」で秋以降の予定白紙…フジ社長退任で

SMAP解散以来、ツキというツキに見放されているのが木村拓哉(44)だ。
今年1月に主演したTBSドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」の平均視聴率は14・5%で何とか面目を保ったものの、GW中に公開された映画「無限の住人」は厳しい結果に。
さらには、出演が内定していた今年10月のフジテレビの月9ドラマへの出演が取りやめになったというから、事態は深刻だ。

「タイトルも共演者も決まっていたドラマ企画が、突然、流れてしまったんです。
現在、天海祐希と篠原涼子の2人に出演を打診し、キャスティングした役者陣はそのまま横すべりしてもらう方向で調整中です」(テレビ制作会社関係者)

 キムタク主演が流れてしまった理由は、フジテレビ内の強力な“後ろ盾”を失ったからだという。
キムタクを猛プッシュしていた亀山千広社長が日枝久会長と共に退任することを発表したのだ。

「実は亀山氏は社長続投に対し俄然、やる気を示していた。
だが、亀山氏の肝いり企画だった現在放送中の月9ドラマ『貴族探偵』がコケたことで、ものすごい勢いでスポンサー離れが始まったんです。
それらの責任を取る形で亀山氏は詰め腹を切らされた。亀山氏本人は寝耳に水だったといいます」(フジテレビ幹部)

 月9出演が取りやめになったことで、キムタクの秋以降のスケジュールは全く白紙になったらしい。

 厳しい立場に立たされたキムタクに、さらに追い打ちをかけているのが、間もなく6月を迎えることだという。

「元SMAPメンバーの独立話が再燃するんです。9月の契約更改に対し、答えを出すのが3カ月前。
キムタクはSMAP解散の引き金をひいた張本人とみなされ、人気が急落した経緯がある。
もし、ウワサになっている香取慎吾や草g剛らがジャニーズを退社すれば、キムタクの人気に影響が出るでしょう」(前出のテレビ制作会社関係者)

 崖っぷちのキムタクに起死回生の策はあるのか。
posted by 隼太郎 at 14:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好感度女優は山本美月・志田未来、評価まっぷたつ広瀬すず・平祐奈…好き嫌いの分岐点は?

5月13日に放送された『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に女優の山本美月(25)が出演した。
10代から芸能活動をスタートしている多くの女性タレント(女優、歌手、モデルなど)は、過去の恋愛遍歴を口外せず妙にウブなアピールをしがちであるが、山本は自らの恋愛遍歴を隠すことなく語り、大学時代の恋愛に言及。

無題.png

「彼氏ができてすごい幸せでした」「テスト勉強を一緒にしたり、横浜でデートしたり」と思い出話を語っていた。
この発言は女性視聴者からとても好評だったようで、女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」では「素直に答えてて好感持った」「可愛いしスタイルいいし嫌味じゃない」と明らかな好感度の上昇が伺えた。

 もともとファッション誌のモデルとして芸歴をスタートさせており、長身痩せ型のスタイルで女性ファンの羨望を集めてきたタイプの山本。
それでいて、漫画やアニメが好きなオタクだと自称しており、理想の結婚相手は『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)のエドワード・エルリック、アニメのコスプレをしたりフィギュアの収集もしている山本には、そうした趣味を持つ一般男性も好感を向けている。
絵も上手く(アニメの絵を描く)、特にオタクからかなり好評なのだ。
つまりネットの反応を見る限り若手女優の中でトップレベルの好感度を誇っている。

 業界評も高い。CM出演本数の多さがその証左だ。












































































































































































































































































































































ニホンモニターによる2016年のCM起用社数ランキングでは9本で5位につけており、一般好感度と業界内評価の一致しているタレントの一人といえるだろう。

 一方で、CM契約やテレビ、映画等の起用は非常に多く“売れっ子”“大人気”といった枕詞で紹介されるものの、一般好感度が低かったりアンチが多く炎上しやすいなど、業界内評価と視聴者評価が大きく乖離しているタレントも少なくない。いわゆる<ゴリ推し枠>ともいえるが、業界の力学によってメディア露出は多いものの、実人気に直結していないという悲劇的なケースだ。若手女優(25歳以下)に絞ってみると、元AKB48のメンバーや、広瀬すず(18)などが該当する。「週刊文春」(文藝春秋)による「嫌いな俳優」2017年版ランキングの女優編で、広瀬は10代の若さでデビューから浅いにもかかわらず、ベテラン女優の泉ピン子(69)に次ぐ2位。バラエティ番組でのかわいらしい仕草は「あざとい」「ぶりっこ」と受け止められ、垣間見える気の強さや配慮に欠ける発言が「性格悪い」とみなされているようだ。
posted by 隼太郎 at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

とんねるず石橋の娘がスナックでのバイト生活を告白

大御所芸人の娘として売り込まれたのは、人気お笑いコンビとんねるず石橋貴明の娘・石橋穂乃香だ。

 当初は、石橋の娘であることを隠してオーディションを受け、穂のか名義でデビューしたものの、現在は父の姓を名乗り、「石橋穂乃香」に改名。インタビューでは父親の話題にも答えるようになったそうだが、テレビで見かけることは少なくなった。
現在、どうしているのだろうか。

62326ac9b7dfd3e97592be4950418cc7.jpg

「先月放送された『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系)に出演し、主に舞台で活躍していることを報告していました。
しかし、それだけでは収入が少ないため、スナックでアルバイトをして生計を立てていると現在の心境を吐露したため、放送を見た視聴者からは、『他の二世タレントと違って親に頼らずバイトって偉いな』と応援コメントが殺到しました。
放送を見て、父親からの援助を受けず、自分自身の力で這い上がっていく穂乃香を応援したくなった視聴者も多かったようですね」(芸能ライター)

 放送では、次長課長・河本準一や、ネプチューン・名倉潤からの鋭いツッコミも笑顔でかわしていた穂乃香。親子共演が実現する日も近いかもしれない。
posted by 隼太郎 at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワハラで異動した“TBS名物P”の悪評

TBSがある人事異動に揺れている。「サンデー・ジャポン」「櫻井・有吉THE夜会」などの元チーフプロデューサーで制作局の担当部長A氏が、今月1日付でTBSホールディングス経営企画局に異動したと、発売中の週刊文春が報じている。突然の辞令の背景には、深刻なパワハラがあったというのだ。

 同局にはパワハラやセクハラを受けた際には、匿名で告発できる社内サイトがあるのだが、そこにA氏がスタッフに暴言を吐く様子を録音した音源が届けられ、社内で調査を開始。結果、A氏に“処分”が下るような形で、異動が発令されたという。

 A氏は、お笑いコンビ「爆笑問題」や有吉弘行らから信頼が厚く、名物プロデューサーとして知られていた。特にジャニーズ事務所のジュリー副社長と親しく、今回の異動でジャニーズとの“パイプ”が切れてしまうことに、局内からは懸念の声も上がっているという。その一方で、悪評も局内には鳴り響いていた。

「タレントや芸能事務所への対応は良かったかもしれませんが、“下の者”への態度は本当にひどかった。出入りの業者や制作スタッフを怒鳴りつけることはしょっちゅう。そのため周囲が怖がって、何も言えない状況だったようです。A氏がその場にいたり部屋に入ってくるだけで、激しいストレスや苦痛を感じる者が続出していた。存在自体がパワハラになる“環境パワハラ”というやつです」(TBS関係者)

 体育会気質が強いテレビ業界ではよく聞く話だが、こんなクラッシャー上司の下で働く方は、たまったものではない。
posted by 隼太郎 at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「やっぱり出た」田中大貴アナの重大疑惑! ユアタイム降板の裏に、巨人の主力選手Aの名前も

「やっぱり出たか、という印象ですね」。そう語るのはスポーツ紙記者だ。フジテレビの田中大貴アナウンサーに“醜聞”が飛び出した。
16日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)によると、田中アナが会社に内緒で“副業”に精を出し、それが原因で担当していた情報番組「ユアタイム」を3月末で外されたというのだ。
しかもその副業というのが、何ともセコイ。親しい会社社長を相手に飲み会をセッティングし、後輩の女子アナや知り合いの読者モデルを紹介。
社長が女の子に「タクシー代」として渡したお金を同アナが内緒でくすめていたという。
タクシー代は1人1万円〜3万円が相場。同誌では「5人の女の子を紹介すれば15万円ほど儲かる」と断じている。

 だが、田中アナの悪事はこれだけではない。前出スポーツ紙記者が証言する。

「彼はスポーツマンであることを買われ、プロ野球を担当。有名選手を中心に交流を図っていましたが、年に1度、彼から頼み事をされるそうです。
それは彼が関わるチャリティーイベントへの出演。
選手もチャリティーということでノーギャラで引き受けていたそうですが、どうも主催者サイドから田中アナにはキャスティング料として数万円が支払われていたようなのです。
そのことを知った選手と同アナの間でトラブルに発展したと聞きました」

“被害者”には巨人の主力選手Aの名前も挙がっており、在京球団の担当記者の間では広く知られた話という。別の野球担当記者は「フジテレビは高給だが、彼の羽振りは局員レベルを超えていた。
キャバクラをはしごしたり、高級店で食事したり…。
フジテレビに勤務していながら、ある会社の役員に名を連ねているというウワサもあった」

 フジテレビは同誌が報じた田中アナの副業疑惑、コンプライアンス違反を否定しているが、取材現場で「銭ゲバアナ」と呼ばれているのが、何よりの証拠だろう。

「別の週刊誌が詳細を取材中という情報もあります。
イクメンアナで通っていた彼にとっては致命傷になるやもしれません」(同)。
やはり最後は“人間性”のようだ。
posted by 隼太郎 at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【PR】記念日にはバラの花束をプレゼント!バラの花束を花言葉と一緒に...

バラは12月の誕生花です。
花言葉は「熱烈な恋」。恋愛にふさわしく、結婚記念日などのサプライズとして100本の薔薇の花束はいかがでしょうか。彼女や奥さんへプレゼントし、一緒に情熱も届けちゃいましょう!
サンモクスイでは「 花束」 誕生日や結婚記念日などのお祝い・記念日に贈るものとして、プレゼントとしていろいろなお花を 花束にして贈ります。
うっかり忘れていた記念日や誕生日に花束をいつでも24時間オンラインでご注文をお受けしています。
還暦祝いプレゼントにも。
サンモクスイの還暦プレゼントにお勧めの花束バラ60本は人気商品のひとつです。 大輪プレミアムローズを使用した「還暦祝いの花束」母の還暦祝いや誕生日によく利用されます 。