2018年01月12日

“降板”即断 フジ秋元優里アナ「2度目W不倫」の代償

akimoto-yuri09.jpg

「百歩譲って1度ならまだしも今回で2度目。文春に記事が載ることが分かり、ウチの上層部は即、判断したようです」(フジテレビ関係者)

 フジテレビの看板キャスター、秋元優里(34)の不倫密会を発売中の「週刊文春」が報じた一件。お台場にある同局には“激震”が走ったという。秋元アナは現在、「BSフジLIVEプライムニュース」(平日20時〜)の月〜木曜のキャスターを担当しており、これまでも「報道2001」や「ニュースJAPAN」と数々の報道番組を歴任してきた報道の「顔」である。

 だが、今回「荒野のW不倫」という見出しとともに明かされた行動は破廉恥すぎるというしかない。相手の40代半ばの既婚男性とともにワンボックスカーを走らせ、ある晩は横浜市郊外の竹林で、またある晩は所有者のいる畑の小屋に無断で侵入し、いずれも車内で“逢瀬”を重ねていたというのだ。箱根の温泉施設での2時間休憩も報じられている。

 その相手も“最悪”だった。妻子持ちで「プライムニュース」のプロデューサー。秋元が夫で会社の後輩でもある生田竜聖アナ(29)と別居、そして離婚協議にいたるきっかけとなった16年秋の不倫疑惑の時の男と同一人物だという。

 秋元は相手の男性との交際を否定しているが、状況を鑑みれば黒に限りなく近いグレー。だからこそ、フジ上層部も「秋元のプライムニュースキャスター降板の決定を早々に下した」(前出のフジ関係者)というのもうなずけるのだ。

■秋元アナの不在には触れられず

 その降板決定を裏付けるかのように、9日放送の「プライムニュース」には、秋元ではなく松村未央アナ(31)が出演。同日は自民党の岸田文雄政調会長や立憲民主党の長妻昭代表代行ら国会議員や有識者をスタジオに招き、南北会談や2018年の政策について議論を重ねただけに、不倫疑惑が取り沙汰されるキャスターに仕切らせるわけにはいかなかったのだろう。番組では秋元アナの不在について一切触れることはなく、約2時間の放送を終えたのだった。

 改めてフジテレビに、秋元アナの番組欠席の理由、今回の報道との関係、そして今後の出演予定について問い合わせると、「単なる相談相手と聞いておりますが、誤解を与えるような軽率な行動に対する責任を取って、当面の間、番組出演を見合わせます」(同社企業広報室)。見合わせではなく降板ではないかと尋ねると「そういったことはないとしか答えようがない」との回答だった。

「ワイドナショー」や「皇室ご一家」のナレーションなど担当する全番組の出演を見合わせるという秋元アナ。テレビ画面に復帰する日はもう来ないかもしれない。
posted by 隼太郎 at 19:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寺田理恵子が述懐「昔は不倫が当たり前だったんじゃないかな」

アイドルアナのはしりとなった寺田理恵子(56)と報道からバラエティまで幅広く活躍した近藤サト(49)。1980〜1990年代のテレビの舞台裏を知る“美熟女アナ”2人が対談。最初の夫と離婚した寺田は、2000年にNEC元会長の御曹司である関本雅一氏(故人)と再婚。一方、歌舞伎役者・5代目坂東八十助(のちの10代目三津五郎、故人)との結婚生活に1年あまりでピリオドを打った近藤も、2003年に再婚した。2017年はテレビで「不倫」がキーワードとなった年だが、2人は「報じる側」と「報じられる側」の両方を経験している。

寺田:『週刊ポスト』さんが訊きたいのって、私の二度目の結婚のことでしょ? 私が妻子ある人と不倫して、略奪して、再婚したという。

近藤:話しちゃいますか!?

寺田:私ね、本当に何も知らなかったの。週刊誌の記者に、妻子がいる人だって教えてもらったんですから。私も被害者だけど、奥様やお子さんも被害者だから、すごく申し訳ない気持ちで。夫が亡くなった時は、ご連絡してお会いしました。

近藤:私もいろいろと個人的な経験はしていますが……。2017年はとにかく不倫の話題が続きましたよね。私も最近はナレーターのお仕事がメインで、ワイドショーで斉藤由貴さんから山尾志桜里議員まで一通り、“当事者の発表コメント”を読んできましたよ。

 気をつけているのは、主観を入れないこと。犯罪ならまだしも、不倫は犯罪じゃないですから。例えば斉藤さんが叩かれる風潮の時は、火に油を注ぐのではなく、いかに冷静に聞いてもらえるかを気にしていました。私が20歳ぐらいの若い頃だったら“許せん”という声になっていたかもしれませんが、もう今年で50ですからね。

寺田:私がワイドショーのキャスターをしていた時は、今ほど不倫が話題にはならなかった。みんな、当たり前だったんじゃないかな。実は私、最初の夫の怪しいホテルの領収書と、女性と写った写真を見つけたことがあるんです。私が詰問すると、「これは打ち合わせだ」と。その後の一言が忘れられません。「浮気は絶対にしていないと妻に言うのが、男の優しさなんだ」。

近藤:ほう。正当化ですか。

寺田:それで私も「悪いと思うんだったら、バッグの一個でも買ってよ」って。それでおしまい。夫婦の間で片付いた問題ならそれでいいんですよ。

近藤:私も(2017年2月に夫の不倫報道で)週刊文春に載ったけれど、フジテレビ時代からずっと週刊誌には撮っていただいたので、突然家の前に文春の記者がいるっていう状況に驚かない(笑い)。夫にはすぐ電話しましたが、私は“起こったことはしかたがない”と言ったんです。この先にどうしたいか、ですから。でもこういう人たち、結構いらっしゃると思いますけどね。
posted by 隼太郎 at 17:49 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イッテQ、今年も「出川イングリッシュ」がキレキレ!?

1月7日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、お笑いタレントの出川哲朗(53)が独特の英会話を披露。お茶の間を爆笑させたようだ。

 この日の放送では、出川は「ご意見番出川 はじめてのおつかい」の企画で、アメリカのロサンゼルスを訪問。ハリウッド地区のチャイニーズ・シアター前に放置された出川は、現地の人々とコミュニケーションをとりながら、単独で目的地を目指すというミッションに挑戦することに。

 最初に与えられたミッションは、「ロサンゼルスの有名な天文台に向かう」という内容。“天文台”という英単語を知らない出川は、奇妙な英語を駆使しながら目的地への行き方を調査。道行く人に「ドゥーユーノー“スタールッキング”マシーン?」と、おなじみの“出川イングリッシュ”で話しかけていた。

 しかし、これが功を奏し、現地の人から「テレスコープ(望遠鏡)」という単語を引き出した出川。この英単語を頼りに、いきなり目的地である“グリフィス天文台”の情報をゲットする。だがその後、出川はヒアリングに大苦戦。天文台の方向を「ザットウェイ(あっちだよ)」と説明されると、なぜか「名古屋」と聞き取り、混乱してしまう。

 その後出川は、天文台への交通手段を聞くため、「バスオンザトレイン。ベリーグッドはどっち?」と、日本語混じりの独特な表現で聞き込み。これがなぜか外国人に通じてしまう奇跡を起こし、見事最初のミッションをクリアした。

 続いて出されたミッションの目的地は「失恋博物館」。「失恋博物館」をどのように表現するかが鍵を握る中、ここでまたも「ボーイズ&ガール“ノーラブラブ”ミュージアム」という出川イングリッシュが炸裂。当然、現地の人にまったく意味は通じなかったものの、その後で出川が発した「ハート」という単語を糸口に、会話の中で「ブローケンハート(傷ついた心)」というキーワードをゲットする。そこから出川は「ミュージアムオブハートブレイク」と正解を導き出し、このミッションも無事クリアする。

 出川が次々と披露した“出川イングリッシュ”は、今回も視聴者に大ウケ。ネットには「腹筋崩壊させられた」「出川イングリッシュは日本の英語教育に変革をもたらす」「出川さんの英語の破壊力がやばすぎる」「これで通じるんだから、出川はやはりすごい」といった、出川のコミュニケーション能力を称賛するコメントが続出した。

「これまで出川が『イッテQ!』で披露してきた“出川イングリッシュ”は、大反響を呼んできました。そのおかげか、2017年11月から出川は『Y!mobile』のCMに起用されています。このCMは、営業マンにふんした出川が、新商品の“がまぐちの財布”を英語で説明するのに、“ゲロゲロマウス”“グリーンピョンピョン”と、まさに出川イングリッシュを駆使するという内容でした」(芸能誌ライター)――2018年も出川イングリッシュは止まらない!
posted by 隼太郎 at 17:47 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする