2017年05月23日

ジャニーズに仕事を干された草g剛と香取慎吾が6月に独立発表へ

ジャニーズ事務所の草g剛と香取慎吾が、9月いっぱいで独立すると一部夕刊紙が報道し、その動向に注目が集まってきた。

「昨年8月に、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長との話し合いの席で、香取が『SMAP』の解散を最初に言いだし、それに草gが同調しました。そのため、このふたりには、ジャニーズ事務所の制裁がすでに始まっているとみられています」(ジャニーズライター)

香取は4月に『週刊文春』誌上で隠し子がいるとされ、《まもなく消える》とも報じられた。
また草gは、5月19日発売の『フライデー』に、路上で子犬を抱えて座り込み涙するという異様な場面の写真を掲載されている。

「香取の隠し子騒動も、草gが路上で涙していたことも、ジャニーズ事務所から何らかのリークがあったというのが定説になっています。いずれもあまりに鮮明な写真が掲載されていて、でき過ぎです」(同・ライター)

また中居正広も、3月に発売された『女性セブン』に、マンションの合鍵を持つ振付師の武田舞香さんとの関係を明かされている。
この記事でも、武田さんの鮮明な写真が掲載された。

「中居はSMAP解散以前にも仕事が増えていますが、その分の制裁もするというのが、ジャニーズ事務所の方針です。中居をあからさまに干すようなことをすれば、世間が騒ぐからです。一方で、草gや香取に関してはSMAP解散の首謀者であり、今後も陰湿な“つぶし”を行うはずです」

「ジャニーズ事務所は香取と草gに“詫び”を要求しましたが、草gは真面目さが頑固な面を生み、香取は情緒不安定なため、謝罪を拒否しました。そのため、仕事もほとんどない現在に至っています。和解はないでしょう」

草gと香取のジャニーズ事務所との契約は9月まで。
しかし、その3カ月前の6月まで進退を決めなければ、1年間の契約が自動延長されるためれ、時間的な余裕は残されていない。

「中居がすでにルートを付けておいた超大手の芸能事務所Kに、草gと香取が移籍するという説が有力です。K社に所属すればジャニーズ事務所も手出しはできません。これが最も安全な方法です」(芸能プロダクション関係者)

しかし、K社に移籍するにしても問題があるという。
特に香取が不安視されている。

「香取は、SMAPの元マネジャーI氏と一緒に所属したいのです。K社の社長は、I氏と懇意ですが、一緒に所属することには否定的です。
なぜかというと、I氏がマネジャーをしていたとき、その傲慢な態度は関係者のあいだで不評でした。
中居もI氏を社長にした個人事務所を設立しようとしていましたが、業界の評判が悪く、いまだ独立できないままです。草g、香取だけならK社もすぐ面倒みるでしょうが、I氏も一緒だとどうなるかは分かりません」

どんな形での独立になるだろうか。
posted by 隼太郎 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フジ新社長誕生でいよいよジャニーズがTVから消える? “月9消滅”の次は嵐番組の可能性も!

フジテレビの亀山千広社長が退任したニュースは芸能界にも驚きを持って広まった。

「退任の原因は明らかにされていなかったが、視聴率が回復できなかったことに加え、自身の出身であるドラマ部門に対しての肩入れがひどく、多くの社員から恨みを買っていた。亀山さんの号令で大胆な社員の配置換えを行い、制作から営業や経理に回された社員もいる。そんな経緯もあり、東スポで報じられたように亀山氏のセックススキャンダルに関する怪文書が出る事態にまで発展した」(フジテレビ関係者談)

 そんな中で社長となったのがビーエスフジの宮内正喜氏(73)。スター社員だった亀山氏(60)や、民放の中核を担っていた日枝久氏と比べると地味な印象だが……。

「正直、社内でも誰?という声が多い(笑)」とフジテレビに出入りする制作会社の社員は話すが、実際は大きな変革を起こす人事だという。それは、フジテレビと蜜月関係だったジャニーズ事務所にも大きく影響するのだとか。

「実は、亀山氏にはもう1つ追求された問題があるといい、それがSMAP×SMAPでのメンバーの公開処刑のような謝罪会見です。視聴率は良かったものの、公共の電波で放送するものか? と社内で意見が飛び交った。特に報道部からは痛烈な批判もあったようで、亀山氏は追い込まれたようだ」(民放関係者談)

 その中での宮内氏の社長就任は、何を意味するのか?

「良くも悪くも地味な宮内氏は、芸能事務所との癒着がほとんど無い。これまで、月9ドラマの大ヒットを足がかりに出世した亀山氏はジャニーズ事務所とも近く、大ヒットを飛ばした『踊る大捜査線』の専属に近い立場になってからも、月9のキャスティングに大きな影響力を持っていたと聞きます。フジテレビで唯一、木村拓哉のことを『拓哉』と呼び捨てにし、ジャニー喜多川、メリー喜多川とも対等に交渉ができるなど、ジャニーズの専門家として有名。亀山氏の誕生会に、木村拓哉と長瀬智也、藤島ジュリー景子がSMAPの解散騒動の中で参加していたことも週刊新潮に報じられている。視聴率が取れない中でも、不思議と月9ドラマにだけはジャニーズのタレントが出演し、ドラマの制作費もさほど削減されていなかったと聞きます。

 こういったジャニーズとの癒着も、宮内氏が社長となることで精算されるようです。今後は、抜本的なお金の管理と番組の継続について社長直系で審査されるようで、月9ドラマは低視聴率の中で打ち切り、また、嵐の番組である【VS嵐】は番組企画の変更で視聴率の回復や、DVD発売などでコストの回収ができる仕組みを取るようになるという情報が出始めている」(民放関係者談)

これにはジャニーズ事務所も納得がいかないのは間違いないだろうが、強く抗議ができないという。

「いままでは各局にジャニ担というジャニーズ専門の担当社員がいました。これが、SMAP担当と嵐担当、つまりSMAPは元チーフマネージャーの飯島三智、嵐は藤島ジュリー景子の専属の担当窓口となっていたんです。しかし、フジテレビは人事異動やSMAPの解散騒動でジャニ担に見直しが入り、現在はそれぞれの番組プロデューサーが直接ジャニーズ事務所にオファーを入れる形で専属の担当がなくなっている。

 なので直接、トップの宮内氏まで意見を言える状況にジャニーズ事務所がないということです。また、フジテレビは現在ジャニーズに頼らなくても番組編成ができる状況にあり、蓋を開ければドラマ以外ではジャニーズタレントがいなくても番組作りが成立することがデータでもしっかり出てしまった。これを知った上層部は、各事務所との付き合いをもう一度改め直し、ギャラの見直しなども含め大改革をするようです」(週刊誌記者談)

 フジテレビが決断すれば、各局でもジャニーズ外しが一斉に起きるのかもしれない。
posted by 隼太郎 at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「六本木をチャリンコで『うっひょー!』」クスリ疑惑も飛び交う元SMAP・草なぎ剛の“奇行伝説”とは

元SMAP・草なぎ剛の、なんとも悲しい写真が19日発売の「フライデー」(講談社)に掲載された。

 某日夕方、新宿のはずれで無精ひげをたくわえた草なぎが、時折嗚咽を漏らしながら路上にへたり込んでいたのだ。傍らには、最近飼いだしたというフレンチブルドックが……。

 元国民的トップアイドルの悲壮感漂う写真に、ファンは衝撃を受けている。ネット上では「奇行」という言葉が飛び交っているが、思い返せば、2009年4月に公然わいせつ容疑で逮捕された時も、泥酔した草なぎは全裸で公園のベンチででんぐり返ししていた。

「発売中のフライデーでは、草なぎから酒のニオイはしなかったと書かれていて『じゃあクスリでもやっているんじゃないの?』と疑う声も聞かれるが、彼の名前が捜査線上に上がったことはない。09年の逮捕時も挙動不審で自宅にガサが入ったが、出てきたのは合法のお香だった」(一般紙社会部記者)

 そう考えると、草なぎはナチュラルな奇行癖を持つ男。事実、過去にはこんな姿も目撃されている。

「自宅のある六本木周辺をチャリンコで立ちこぎしながら『うっひょー』と叫びながら爆走したり、タクシーを交差点脇に停車させ、窓を全開にしてゲイカップルをずっと眺めていることもあった。今でこそ禁酒に近い生活を送っているが、泥酔時はもっとひどい。某番組の打ち上げでは床に寝転び、ヘラヘラしながら自分が履くヴィンテージジーンズをハサミで切り刻んでいった。最後はあられもない姿になっていた」(テレビ関係者)

 ファンは今回の奇行報道に衝撃を受けているのかもしれないが、草なぎにとってはそれこそがストレス発散のようだ。
posted by 隼太郎 at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

トレエン斎藤の本性に拒否反応 元カノ“ポイ捨て”の代償

お笑い芸人、トレンディエンジェルの斎藤司(38)が新恋人と同棲中であることが先週の「週刊文春」で明かされた。売れない頃から5年にわたり斎藤を支えてきた“糟糠の彼女”を浮気の末にポイ捨てした代償は大きく、ネタをモジって「サイテーさん」などと呼ばれ、「トレエン斎藤」とネット検索すると次候補に「嫌い」と表示されるほど。

 芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「化けの皮がはがれたと言えるのではないでしょうか。ジャニーズに応募するくらい、実は究極のナルシシストで自信家。今まで“ハゲが一生懸命頑張っている”のが可愛かったのに、チヤホヤされるようになって“本性”が出たのでしょう。ゲスの川谷氏と同じく今の彼女よりいい人が現れたら乗り換えるタイプだと思います」

 斎藤の所業とは対照的なのがCOWCOWの善し(42)。一部で離婚が報じられたが、実は昨年7月には離婚合意していたものの、妻の経営する店の状況をおもんぱかって離婚を先延ばしにしていたことが明らかに。新恋人に関しては離婚合意後に出会い、結婚を視野に同棲していることも明かし、誠意ある行動がネット民にも評価されている。それに比べ、斎藤は自分の服には何十万円もつぎ込み、食えない頃を支えた元カノには一切プレゼントをしないなど非情なエピソードばかり。

「善しさんは離婚でむしろ好感度がアップしていますが、斎藤さんのファン離れは進む一方でしょう」という川内氏の意見にハゲしく同意だ。
posted by 隼太郎 at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加藤綾子、初タッグの池上彰から「おじさん転がすのが上手」

フリーアナウンサーの加藤綾子とジャーナリストの池上彰氏が21日、MCを務める日本テレビ系報道特番『池上彰が教えたい!「実は…のハナシ。」』(6月15日19:00〜20:54)の収録に参加し、終了後に取材に応じた。

同番組は、池上氏の解説力、取材力、質問力を総動員し、話題の時事ニュースの真相を解き明かしていく教養バラエティ。
北朝鮮の今、東京オリンピック、サイバー戦争、戦争ビジネスをテーマに、やさしく、深く、伝えていく。

フジテレビ退社後、今回が他局初MCとなる加藤は「緊張はしたんですけど、毎回どの番組でも緊張するので」と、特に他局ということを意識することはなかったそう。
ただ、「リハーサルのやり方が違いました」と新鮮に感じる部分があったという。

そして、池上氏との初タッグについて「すごく楽しみにしていた。
中身も楽しかったですし、個人的にはいいコンビかなと思ったんですけど」と恥ずかしそうに笑うと、池上氏も「そうですね」と笑顔。
その上で、「本格的な深刻なニュースを普段やってらっしゃらないだけに反応が新鮮で、視聴者の代表のような形で展開していただいたのでやりやすかった」
「本番でのアドリブはお見事。
毎朝生放送をずっとやってきたという安定感がすごい」と加藤を称賛した。

また、実際に池上氏と進行してイメージと違ったことはあったか聞かれると、加藤は「違ったことはない。『めざましテレビ』で大塚(範一)さんから同期だと聞いていて、自分の中では頼りたくなる存在だった」と返答。
池上氏が「この年齢のおじさんを転がすのが上手。大塚ですっかり慣れた」と冗談交じりに突っ込むと、「転がしてないです。池上さんにもたれかかってました」と笑った。

62326ac9b7dfd3e97592be4950418cc7.jpg
posted by 隼太郎 at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【PR】記念日にはバラの花束をプレゼント!バラの花束を花言葉と一緒に...

バラは12月の誕生花です。
花言葉は「熱烈な恋」。恋愛にふさわしく、結婚記念日などのサプライズとして100本の薔薇の花束はいかがでしょうか。彼女や奥さんへプレゼントし、一緒に情熱も届けちゃいましょう!
サンモクスイでは「 花束」 誕生日や結婚記念日などのお祝い・記念日に贈るものとして、プレゼントとしていろいろなお花を 花束にして贈ります。
うっかり忘れていた記念日や誕生日に花束をいつでも24時間オンラインでご注文をお受けしています。
還暦祝いプレゼントにも。
サンモクスイの還暦プレゼントにお勧めの花束バラ60本は人気商品のひとつです。 大輪プレミアムローズを使用した「還暦祝いの花束」母の還暦祝いや誕生日によく利用されます 。