2018年01月18日

元SPEED上原多香子“AVデビュ ー”の信憑性、オファーは5千万円以上!?

昨年の醜聞以降、開店休業状態の「SPEED」上原多香子に突如、「AV(アダルトビデオ)出演」情報が飛び交った。
発端は今月14日、DMMの「AV女優図鑑」に上原の名前が掲載されていたこと。証拠画像は瞬く間にSNS上で拡散され、大きな騒ぎとなった。

その後、上原の名前がAV女優図鑑から削除されたことも逆効果で、ツイッター上では「逆に怪しい」「まだ解禁してはいけない情報だったのかも」など憶測が憶測を呼んだ。

これにDMMは一部メディアの取材に「上原多香子さんの作品が販売されるという事実はございません」と完全否定。「現在どういった経緯でサイトに氏名が公開されたのか、社内で確認を進めております」と回答した。
2018-01-11_180137_keysearch.yurilog.cc.png
 社内関係者によると、上原は2006年にDMMからR18指定で写真集を発売。その名残で同写真集が「AV女優図鑑」の検索ページでヒットしてしまうようになっていたという。そうしたカラクリを巧妙に使うことで、あたかも上原のAV出演があるかのように画像を拡散されてしまったという。

 かわいそうなのは、AV出演と聞いて「あるかも…」と思われてしまった上原だ。昨年8月には、亡き夫・TENNさんと婚姻中にイケメン俳優の阿部力と不倫交際していたことが発覚。それがTENNさんの自殺理由になったと断定はできないが、あまりにゲスすぎる展開に世間から集中砲火を食らった。上原は同月の舞台出演を終えると、無期限の活動休止に。最近では所属事務所にこれ以上迷惑はかけられないと、給料の見直しを申し出、住まいも高級マンショ
ンから2LDKの地味物件に引っ越したと報じられた。

「あの一件で彼女の収入は激減。生活のために文字通り、ひと肌脱ぐと考えた人も多いのでは? 彼女クラスともなれば、AVオファーは5千万円以上は確実ですからね」とはスポーツ紙記者。

 所属事務所に在籍している以上、AV出演は“絶対にありえない”ことなのだが、上原のユルさが「もしかしたら…」と幻想を抱かせたのかもしれない。上
原を知る関係者の話。

「昨年の騒動後、しばらくは凹んでいたようですが、いまやすっかり元気になって、お酒も飲んでいます。新宿にある某飲食店で泥酔し、他の客がいる前で交際相手のコウカズヤ氏に抱きついたり、キスしていたという目撃談もあるくらいです」

“絶対にありえない”とわかってはいても、将来的な上原のAV出演に期待を寄せる男性は多い。芸能界屈指のフェロモンがいかほどか、1度でいいから見てみたいものだが…。
posted by 隼太郎 at 10:34 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

ももクロ・有安杏果の卒業に悲しみの声「5人でももクロだったのに」

ももいろクローバーZの有安杏果が本日15日、グループからの卒業を発表した。ファンからは悲しみの声や労いの声が相次いでいる。

 有安は「普通の女の子の生活を送りたい」との理由で卒業を決断。突然の発表にネット上では「有安さん急すぎるよ」「ももクロから誰か欠けるなんて考えもしなかった」「ももかのいないももクロなんて嫌だよ」「5人でももクロだったのに」「6人から5人になった時も衝撃だったけど4人のももクロも同じくらい想像できない」と現実を受け入れられないファンからの悲しみの声や、「お疲れ様でした」「8年間お疲れ様! そしてありがとう 」「卒業おめでとうございます」など「ももいろクローバーZ」として活躍した8年間を労うコメントが多数寄せられている。

 有安の卒業ライブは1月21日に開催される。
news.infoseek.co.jp.png

ももクロ・有安杏果、グループからの卒業を発表「普通の女の子の生活を送りたい」

ももいろクローバーZの有安杏果が15日、自身のブログを更新し1月21日のライブをもってグループから卒業することを発表した。

 有安は「ファンの皆様へ」と題してブログを更新し、「ももいろクローバーZ」からの卒業を発表。卒業の理由については「子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました」と説明。これからの進路については未定としつつも「まずは規則正しい生活をしてゆっくりとした日々を過ごしたいと思います。今までの22年間で出来なかった普通のことを、少しずついろいろやってみたいです」「22歳の女の子としての教養や知識をしっかりと身につけられるように励みたいと思います」とつづっている。

 そしてスタッフやファンへの感謝を記し、最後は「遠くの空からだけど、ずっとみんなのこと応援してます」とメンバーにメッセージを送り締めくくった。
posted by 隼太郎 at 18:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安室奈美恵、「引退ビジネス」で荒稼ぎ…すでに数年後の電撃復帰計画か

2017-09-21 08.43.14.png

瞬間最高視聴率48.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出した昨年大みそかに放送されたテレビ番組『第68回NHK紅白歌合戦』内の安室奈美恵の熱唱シーン。約半数の日本国民が、安室の“最後の紅白出場”を見守ったかたちになった。11月16日に発表された出場歌手のなかに安室の名前はなく、NHK側は「粘り強く交渉していく」と語っていた。そして12月19日、放送日直前になって安室の出演を正式発表した。

「これはNHKの戦略です。実際のところ安室の出演は、10月の時点で決まっていました。国民にはもったいつけて『現在交渉中』などと進捗を報告していましたが、その裏では着々と準備が進められていたのです」(テレビ局関係者)

 NHK側は安室が以前所属していたライジングプロダクションに働きかけ裏工作をして出演にこぎつけたなど、出場に至った経緯をめぐってはさまざまな報道が飛び交っていた。しかし実際はとてもシンプルなものだったようだ。

「安室本人は出演依頼に対して『今年で最後になるので、お受けします』と、すんなり14年ぶりの『紅白』出演を了承したといいます。応援してくれているファンのために、せめてもの恩返しといったところでしょう。ギリギリまで公表しなかったのは、NHKが『粘り強く交渉した』体を装い、そのブッキング能力を他局に知らしめたかったからでしょう」(同)

 そんな安室の引退後については、すでに青写真が出来上がっているという。

「しばらくアメリカに在住して、歌とダンスのレッスンを続ける予定です。それで何年先になるか未定ですが、カムバックを狙っているのです。『普通のおばさんになりたい』と人気絶頂期に引退宣言をし、その後復帰した、演歌歌手の都はるみさんと同じパターンです」(前出と別のテレビ局関係者)

 都はるみは、当時不倫関係にあった音楽プロデューサーが離婚することができなかったため、同棲しながら内縁関係を続けてきた。突然の引退は、このプロデューサーと普通の夫婦生活を送りたかったためもあるといわれている。

 安室の私生活に何があったかは本人のみぞ知るだが、昨年9月20日に引退を表明して以来、ベストアルバム『Finally』の売上が200万枚を突破、2月からのラストツアーでは80万人を動員するほどの安室フィーバーが続いている。

「引退ビジネスは大成功を収めている。3年前の独立騒動以来、安室は金儲けの旨味を知ってしまった。そのバックには、安室が信頼する音楽プロデューサー・A氏の“マネジメント”があるというのは業界では知られた話です。今回の引退劇、そして何年か後のカムバックは、すべて経済効果を狙った戦略だといわれています」(同)
posted by 隼太郎 at 13:54 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする