2017年08月11日

不倫疑惑報道の宮迫 下心認め「2人きりになったのは事実 魔が差しまくった」

今月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に不倫疑惑を報じられたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(47)が11日、金曜MCを務めるフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)に生出演。
報道について、不倫は否定したものの、下心は認め「7月下旬に3回、2人きりになったのは事実です。もしかしたらできるかもと魔が差しまくった」と語った。

 7月下旬、3回、女性とホテルに宿泊したと報道。
MCの坂上忍(50)に「7月の3日間は事実ですか?」と聞かれると、宮迫は「事実です」とし「細かく言うと、酔うと1人でホテルに泊まって仕事に行くことはあって。
飲み仲間と部屋で飲み直すか?というのは何度もやっていた。今回の2人も飲み仲間」とした。

 「(飲んだ後)ついでに泊まっていきーさと言った。酔うと眠くなるので、寝る前に頑張ったが(相手に)『このご時世に』と断られた。ふて寝てをして朝を迎えたのが3回続いた。結局3回フラれた。気持ちとして…。下心あった?そうです」と明かした。

 同誌は7月、宮迫がモデルの小山ひかる(26)、さらに30代の美容ライターの女性と、別々の日にホテルで密会していたとして、ホテルを訪れる3人それぞれの写真を掲載。
宮迫は同誌記者の直撃に、2人と知り合いであることは認めたが、不倫関係については否定。
女性2人も同様に否定している。

o075007501445073468842.jpg

 スポニチ本紙の取材に宮迫の所属事務所は「本人が否定している通り」とした。
関係者によると、宮迫は今月4日に直撃取材を受けた後、不倫疑惑が報じられることを夫人に報告したところ激怒され、一時都内の自宅を追い出された。
数日、外泊したあと、最近になってようやく自宅に戻る許可を得たという。
関係者は「騒ぎを引き起こしたことを本当に反省している様子で、仕事場でも収録以外では言葉数も少ない」と落ち込みぶりを語っている。
posted by 隼太郎 at 13:32 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする