2018年11月14日

TOKIO紅白逃す 連続出場24でストップ

大みそかに放送される「第69回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が14日、東京・渋谷の同局で発表され、昨年の出場歌手からは山口達也メンバー(現在は脱退)の不祥事があったTOKIOら15組が“落選”した。
5月に山口メンバーがジャニーズを退所し、芸能界を引退。グループは4人で活動を継続したが、音楽活動は休止していた。
1994年のデビュー年からの連続出場は24回でストップ。24回出場はSMAPの23回を超えるジャニーズ歴代1位の記録となっていた。

 また、昨年まで5年連続で出場し、自身らの歌唱時だけでなく、さまざまなアーティストとのコラボを繰り広げていたE-girlsも涙をのんだ。明るいキャラクターで紅白を盛り上げていたトータス松本、AIも出場を逃した。

 一方、昨年、8回目の出場を果たしたX JAPANは、リーダーのYOSHIKIがL’Arc〜en〜CielのHYDEとの「YOSHIKI feat. HYDE」として初出場。
昨年、初出場を果たしたエレファントカシマシは、ボーカル・宮本浩次がシンガー・ソングライターの椎名林檎との特別企画でソロとして初出場を果たす。

 昨年、出場して今年、名前がなかったアーティストは次の通り(五十音順)。

 【紅組】

 AI、E-girls、市川由紀乃、倉木麻衣、SHISHAMO、高橋真梨子、松たか子

 【白組】

 X JAPAN、エレファントカシマシ、竹原ピストル、トータス松本、TOKIO、平井堅、福田こうへい、WANIMA


無題.jpg
posted by 隼太郎 at 17:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

平成最後のNHK紅白司会決定!総合司会は内村光良、白組は櫻井翔、紅組は広瀬すず

Opera スナップショット_2018-11-09_161832_www.google.co.jp.pngOpera スナップショット_2018-11-09_161856_www.google.co.jp.png

NHKは9日、平成最後となる「第69回紅白歌合戦」(12月31日後7・15)の司会者を発表。

総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良(54)と桑子真帆アナウンサー(31)が2年連続、紅組は女優の広瀬すず(20)が初、白組は嵐の櫻井翔(36)が単独初の大役を務める。


2年連続の総合司会となる内村は「二度とないことだと思っていたので本当に驚いています。『平成最後の紅白はああだったな』と、ずっと記憶に残るような、そんな“歌合戦”を皆さんと一緒に目指したいと思います。今年は何回早着替えをするのか楽しみです。そして、私を再び推薦して下さったNHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクターの三津谷寛治氏に感謝します」とコメント。

櫻井は「小学一年生の年明けまもなく。祖父母の家のこたつに入りながらテレビで見た、“平成”の年号の発表はいまも鮮明に記憶に残っております。あの日からおよそ30年。“平成最後の紅白歌合戦”の司会をさせて頂くことになると、当時の私に伝えても信じてもらえないと思います。身に余る大役。幅広い多くの方の心に残る紅白になるよう、精一杯務めて参りたいと思います」と抱負を語った。

広瀬は「紅白という大きな舞台のこんな大役を私に与えてくださった皆様に、まずは、一番驚いています。 本当にどうして良いのか分からないというのが、今の正直な気持ちです。私に務まるのか、期待にお応えできるかまだ自信はありませんが、ご出演されるアーティストの方々と、そして内村さんと櫻井さんという、心強い先輩方とテレビで見ていたあの場所で、ご一緒させて頂けることを楽しみにしております。“朝ドラ、100作目だからね、頑張ってね”と言われたときと同じようなプレッシャーと責任を感じております。まだまだ実感が湧かない日々ですが、一生懸命頑張りたいと思っております。よろしくお願い致します」と意気込みを語った。

嵐は10〜14年と5年連続でグループで白組司会。

櫻井は16年の相葉雅紀(33)、昨年の二宮和也(35)からバトンを受け継いだ。

広瀬は来年4月スタートの連続テレビ小説100作目「なつぞら」のヒロイン・奥原なつを演じる。


posted by 隼太郎 at 16:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

斎藤工のイケメン過ぎる「コメント力」

Opera スナップショット_2018-11-08_101254_www.google.co.jp.png

好感度カーブがさらに加速!?

斎藤工がハロウィンから一夜明けた11月1日、東京・六本木周辺で清掃活動を行った。

斎藤がCM出演している求人検索エンジン「Indeed」で集まった80人の“たくみひろい隊”と呼ばれる清掃メンバーとともに、約1時間の町内清掃で汗を流したのだ。

斎藤はこの日のためにハロウィン当日は早く寝たとのことで元気いっぱいで活動に取り組み、参加者とのコミュニケーションはもちろん、通行人からの声掛けにも気さくに対応。

サプライズで握手会も実施したようだ。

今回のイベントについて本人は「偽善っぽいことをやったなと思いつつ、どこか自分のスイッチが入った気持ちです」と控えめなコメントを残しつつも、協力してくれた清掃メンバーには「ボランティアが犠牲になるのはよくない。美しいという評価を受けるが、ボランティアを必要としないというのが本当の美しさだと思う」と訴え、参加者たちに心からの感謝を伝えている。

この斎藤の行動について世間からは

「斎藤さんの行動は偽善でもなんでもなく素晴らしいこと」

「斎藤さん、カッコよすぎだろ。男から見ても惚れるわ」

「この人がすることって、いちいち魅力的だよな」

など、その人柄を称賛する声が上がっている。

「やらない善よりやる偽善が評価されるのは納得です。斎藤はサンシャイン池崎のモノマネを完コピするノリの良さを持ちつつ、7月には西日本豪雨の被災地・広島県でのボランティア作業にプライベートで参加したりと、いろんな意味で行動力のある俳優。16年には女子大生との関係を報じられましたが、その時もとぼけるのではなく『好意を持っていた女性ではありましたが、すでに終わっております』とイケメン俳優の女性スキャンダルとしては稀なコメントを出していました。また、そのお相手の女子大生も『一夜限りの関係だったとしても、後悔はないです。優しくしてくれましたから。むしろいい経験になったと思うようにします』とコメントしていただけに、真のジェントルマンですよ」(エンタメ誌ライター)

見た目はもちろん、中身、そして何よりコメント力がイケメン過ぎる斎藤。

今後もその言葉で多くの人々の心を鷲掴みにしていくことだろう。

posted by 隼太郎 at 10:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする