2018年05月21日

連鎖する有名人の薬物汚染、女子アナも逮捕されていた!

Opera スナップショット_2018-05-21_183239_www.google.co.jp.png

主に福井県内で活動していた元福井放送のフリーアナウンサー佐々木愛容疑者(35)が、飲食店経営の夫とともに5月16日、法律違反の薬物所持の疑いで現行犯逮捕された。福井県警大野署によると2人は、容疑を認めているという。

 地元紙の報道によると、同署は麻薬取締部からの情報提供を受け合同で捜査進め、16日朝から夫が経営する喫茶店や自宅などを家宅捜索。自宅から薬物が発見されたため、そのまま現行犯逮捕となった。佐々木容疑者はつい数年前まで、地元では有名なワイド番組にレギュラー出演していたこともあり、地域の人々を大いに驚かせている。

 現役で活躍する女性アナウンサーの現行犯逮捕とは前代未聞が、このところ有名人の薬物がらみの逮捕が相次いでいる。5月だけでも、7日には沖縄出身のラッパーRITTO、13日には女子プロレスラーの浜田文子、翌14日には仮面ライダーシリーズなどに出演した俳優の松尾敏伸が逮捕されている。

 とりわけ業界を驚かせたのは、槇原敬之の所属事務所の元代表だった奥村秀一被告が、薬物使用の容疑で逮捕、起訴されていたことだ。奥村被告の起訴により、芸能界の薬物逮捕が加速するのでは?と推測する報道もあったが、これらの逮捕もその一環なのだろうか?

 薬物問題に詳しいジャーナリストに聞いた。

「インターネットが普及する前は有名人専門の売人がいて、1人が捕まると芋ずる式に……というパターンが確かにありました。ですが今は、ネットなどで入手経路がより複雑化しています。すべては地道な捜査の結果というところでしょう」

 相次ぐ薬物逮捕に、ヒヤヒヤしている有名人がいるのかもしれない。
posted by 隼太郎 at 18:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

視聴者も共感した「NHK批判」


Opera スナップショット_2018-05-16_125508_news.infoseek.co.jp.png

5月11日に放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)で、MCの小倉智昭(70)がNHKの受信料について言及。その発言に、多くの視聴者から共感の声が上がった。

 この日の放送では、元TOKIOの山口達也(46)が書類送検(起訴猶予処分)された事件を報道。その中で、山口がMCを務めていた番組『Rの法則』(NHK)が打ち切りになることに付随して、NHKが山口サイドに損害賠償請求を検討していることを報じた。

 番組によると、NHK編成局は「NHKの番組は受信料で成り立っているので、そういったことを含めて今対応を検討している」と回答したという。

 このNHKの姿勢に対して、小倉は「NHKって都合のいいときだけ、これは受信料で成り立っている番組だからっていう言い方するんですよ」と持論を展開。ゲスト出演していたミュージシャンのグローバー(39)も、「(番組は)いろんな意味で未成年者を保護する必要がある」「どちらかと言えば、NHKも責任者のサイドなのかなと思う」と小倉の発言に賛同した。

 さらに小倉は、かつてNHKの職員が逮捕され、20年以上の懲役を受けたことがあることに触れ、「それだったら受信料を収めてる国民は、彼に払っていた給料分、受信料安くしろって言いかねないでしょ」と指摘した。

 そんな小倉の見解は、多数の視聴者の共感を得たようだ。ネットには「激しく同意! 小倉さんよく言ってくれた!」「久しぶりに小倉さんを尊敬した。こういうことを言ってくれる人は貴重」「今回の問題で受信料のことを真っ先に考えた人いる? マジで都合良すぎだと思う」「完璧に小倉さんの意見が正しい」など、賛同のコメントが多数上がっていた。
posted by 隼太郎 at 12:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

松岡茉優 突然の事務所移籍発表に秘めた「パワハラの苦悩」

Opera スナップショット_2018-05-15_171133_www.google.co.jp.png

「初主演映画の『勝手にふるえてろ』の演技も好評で、日本映画プロフェッショナル大賞も受賞した松岡茉優(23)ですが、 先輩女優 たちに続いて所属事務所を移籍しました」(芸能プロダクション関係者)
 
松岡といえば、映画『ちはやふる』やドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)にも出演した若手有望株だ。
 
この芸能プロダクション関係者が 先輩女優 と呼ぶのは、宮崎あおい(32)や多部未華子(29)のこと。彼女たちは昨年、長年所属していた『ヒラタオフィス』から『ヒラタインターナショナル』に移籍している。松岡もその後を追うように、ヒラタインターナショナルに移籍したのだ。関係者が続ける。
 
「ヒラタオフィスとヒラタインターナショナルは、系列としては同じということになっていますが、仕事の方針はかなり異なります。宮崎は今年3月にヒラタオフィスの新社長に就任したA氏に昔から不信感を持っており、移籍を決めました。松岡の移籍理由も同じような 人間関係 ですね」
 
問題が発生したのは3年前だという。発端は当時19歳だった松岡が写真週刊誌『FRIDAY』に、俳優とのツーショットを撮影されたことだった。
 
「掲載されたのは自転車に二人乗りしている写真でした。間が悪いことに松岡は当時、ある公共機関のCM出演が決まっていたのです。しかしその二人乗り写真が問題となり、CM出演はご破算になってしまいました。そのことに彼女のマネージャーだったB氏は激怒し、数時間にわたって罵倒し続けたそうです」
 
彼女も売出し中の大事な時期にとった自分の軽率な行動については反省していたそうだが、B氏の数時間もの罵倒による精神的ショックは大きかったという。B氏がマネージャーから外れた後も、松岡のパワハラ・トラウマは消えることはなかった。そして昨年12月、ヒラタオフィスの当時の社長のもとを母といっしょに訪れ、嘆願したという。
 
「ほかの事務所に移らせてください。無理なら、女優を辞めてもかまいません」
 
結局今年1月に彼女は移籍を果たしたが、その事実はずっと公表されていなかった。
 
「看板女優が3人も移籍するのは大ごとで、ほかの所属タレントたちへの説明も必要ですが、それが進んでいなかったのです」(前出・関係者)
 
だが本誌が5月10日に松岡の移籍について問い合わせた直後、両事務所のHPが更新。初めて移籍が公表されることになった。
 
5月9日放送のバラエティ番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)では楽し気にトークも披露していた松岡。しかし、その笑顔の陰で 女優人生の転機 もむかえていたのだ。
posted by 隼太郎 at 17:11 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOKIO山口達也が口説きまくっていた“国民的アイドル”の実名とは!? 「昔から顔のタイプは一貫していた」

Opera スナップショット_2018-05-10_172705_www.google.co.jp.png

女子高生への強制わいせつ行為でジャニーズ事務所を契約解除された山口達也の悪評が止まらない。発売中の「週刊文春」(文芸春秋)では、山口が被害女性にキスだけでなく、顔を舐め回し、ソファーに押し倒して衣服を脱がそうとしていたことも判明。事実ならば強姦未遂と言っても過言ではない。

 当サイトでも過去に山口が女性の目の前で夜のテクニックを実演し、ドン引きされていたことを報じたが、理性を失うともはや制御不能に陥るようだ。

 また、事件の発端を作ったNHKの教育番組「Rの法則」において、山口は番組プロデューサーをも凌ぐ“天上人”で、出演する未成年タレントには抗う術がなかった構図も判明。「なぜ山口が女子高生と連絡先を交換できたのか?」という謎は、出演者、スタッフによる山口への忖度だった。

「山口さんは基本的にヤレれば誰でもいいタイプですが、年上より年下の方が関心が強かった。ロリコンと言ってもいいでしょう。女子高生の制服が萌えポイントで、今回のように呼び出す際は制服姿を強要することもあったそうです」(テレビ関係者)

 山口が過去に口説いていた未成年女性の中には、あの国民的人気グループのメンバーもいる。それは「AKB48」の峯岸みなみだ。

「いまから6年ほど前のことですから、峯岸がまだ未成年の頃です。番組共演を機に、山口が彼女をいたく気に入り、以来、ことあるごとに『食事に行こう』と誘っていたのです。峯岸としても、相手は天下のジャニーズだけに無碍に断ることもできず、途方に暮れていました」とはテレビ関係者。

 この一件は当時、夕刊スポーツ紙で大々的に報じられ、半ば都市伝説のように語られていたが、実際は「峯岸がノイローゼ寸前になるほど、山口から猛アプローチを食らっていたのは紛れもない事実」(同)という。何でも山口の顔のタイプは昔から一貫して、目鼻立ちがくっきりした「ガチャピン顔」という。

「山口さんの女好きはほとんどビョーキ。一説には奥さんとの結婚生活と平行して、昔写真誌に撮られた別女性とも交際を続けていて、そっちはそっちで家庭的な関係を築いていたという情報もあります」(週刊誌デスク)

 今回の事件でこれまでのツケが回ってきたようだ。
posted by 隼太郎 at 11:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

チュートリアル・徳井、熱愛報道も「ももはセフレ」!?

Opera スナップショット_2018-05-11_095935_news.infoseek.co.jp.png

チュートリアル・徳井義実の熱愛報道が注目を集めている。お相手は18歳年下で、かねてから交流があったという「チャラン・ポ・ランタン」ボーカル・ももで、昨年秋頃から親しい付き合いになったという。記事ではももが5月5日、徳井の自宅マンションを自転車で訪れ、約3時間滞在したとつづられているが、実は両者は「恋人同士という関係ではない」(お笑い関係者)という。

 徳井は2010年、夏川結衣との破局が報じられて以降は、目立った熱愛報道はなかった。しかし、16年には今回と同じく「女性セブン」が、「仰天スクープ!『チュートリアル徳井の子かなぁ...!?』『幸せ家族写真』撮影後に直撃すると、あわわのお答え 彼女と彼の摩訶不思議な日々」という、何やら不穏な記事を掲載した。

「誌面では、徳井と同郷の一般女性とのツーショット写真や、2歳の女児を抱き上げる徳井の写真も掲載されており、それだけ見れば、徳井の子どもに見えてもおかしくはないという内容。しかし、実際には女性は単なる友人で、子どもも徳井の子ではないと記事内で断定されており、それでも記事を掲載した『女性セブン』に対して徳井所属の吉本興業は激怒。すったもんだの末、『女性セブン』側はウェブ上に謝罪文を掲載するという決着になりました」(スポーツ紙記者)

 謝罪に追い込まれた「女性セブン」側だけに、今回の自宅デート報道で、ようやく雪辱を果たす思いもあっただろう。ただ、実際に徳井とももの関係はといえば、「交際中」と断言できるものではないようだ。

「徳井は周囲に『現在はフリー』と説明していて、ももに関しても、自宅にあげるのだからそれなりの関係ではあるのでしょうが、“恋人”というカテゴリには入っていないようです。イケメン芸人の代表格的存在とはいえ、意外にも恋愛に関してはかなり硬派で、夏川と交際していた時期は、不用意に他の女性と食事をするといったことも控えていたほど。しかし、足かせのない現在は、あの風貌ゆえ女性側から寄ってくることはいくらでもあるだけに、ももはいわば『大勢のうちのひとり』なのでしょう」(前出・関係者)

 「友達以上恋人未満」の女性について、詳しく説明するのもヤボというもの。それで今回吉本側は、関係を否定も肯定もしていないようだ。

「『女性セブン』側も、そのあたりは承知しているのか、ハッキリと『交際』とは書いていません。謝罪での溜飲を下げるには、あと一歩、足りなかったかもしれません」(同)

 各メディアは、徳井の結婚にも期待を掛けている様子だが、今後ももが“格上げ”されることは起こり得るのだろうか。
posted by 隼太郎 at 10:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする