2018年08月17日

『劇場版コード・ブルー』大ヒットの影に“あの人物”が…!

blue.jpg

7月に公開され、すでに興行収入が52億円を超えている「劇場版コード・ブルー」。

人気ドラマを映画化した作品だが、暗い話題が多いフジテレビにとって久々の大ヒットとあって局内は沸いているという。

 しかし、この映画の大ヒットには、ひとつの裏話があると関係者が教えてくれた。

「ヒットにフジテレビ社内は歓喜していますが、これは元SMAPのマネージャーであったI女史の置き土産なんです」(テレビ局関係者)

 I女史といえばジャニーズ事務所の社員であり、SMAP騒動の最中に退職。現在は香取慎吾・稲垣吾郎・草g剛らの所属する事務所の代表だ。置き土産とはどういうことなのか。

「映画の主演は山下智久さんですが、ジャニーズ事務所にいたころのI女史はSMAPやキスマイと共に彼の担当も務めていました。山下さんはジャニーズ本体に嫌気がさし、自らI女史のマネージメントを希望したためです。その日々の中で『コード・ブルー』の続編を後押ししたのがI女史なんです」(同)

 後押しとは具体的に何をしたのか。

「そもそもジャニーズ事務所はドラマの続編を同じキャストで制作することに否定的な会社です。せっかく続編を放送するなら若いタレントを売りたいという考えがあるんです。そのため、『コード・ブルー』も例外ではなく、山下さん主演のままならNGと断ってきました。そんな中、I女史だけは山下さん主演のままで続編をやるべきと主張し、シーズン2やシーズン3が決まったと言われています」(同)

 このような説得によって続編の制作が決まり、さらに映画化も決まったという。

「結果的に映画の公開は今年になり、I女史はジャニーズ事務所を退職した後になりました。ジャニーズ事務所としてはI女史に説得された事実を隠したいようですが、業界内では有名です。彼女からの置き土産としてフジ社内でも彼女に感謝する局員は多いです」(同)

 大ヒットが嬉しいのは変わらないだろうが、こうした陰ながらのサポートに感謝する局員が多いようだ。いずれにしてもマネージメント能力は、やはり高かったと言えるはずだ。

posted by 隼太郎 at 09:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

安室引退興行にファン疲弊 “お買い物マラソン”

Opera スナップショット_2018-01-05_103146_news.infoseek.co.jp.png

平成の歌姫、安室奈美恵(40)の引退まであと1カ月。16日から引退までの期間限定で沖縄の観光プロモーション「Be.Okinawa」にポスターと動画の無償協力が明らかになったが、姿を見せない安室にファンは「モヤモヤがおさまらない」と爆発寸前だという。

■パッケージやバージョン違いのDVDが次々に…

 全国ドームでの引退ライブは6月に終了。チケットはプレミア化し、ファンクラブ歴の長い人でも抽選に外れたという嘆きの声しきり。そこへ畳みかけるように、WOWOWやHulu限定ライブ配信、H&Mのコラボ服発売、ライブヒストリーDVD、ラストライブDVDを発売。しかもパッケージ違いに、ファンクラブ限定名入れバージョンもあり、ファンの財布のひもは緩みっぱなし。引退興行の売り上げは50億円ともいわれ、制作サイドはホクホクだが、ファンが盛り上がっているかというとそうでもない。

 6月以降に追加公演の可能性や、avexの夏フェス「a―nation」に出演するのでは、という期待を込めた噂もあったが、今のところ空振り。このまま安室が姿を見せないまま終幕する様子である。これには「DVDより生の安室ちゃんが見たい!」「モヤモヤがおさまらない」「ライブも有料放送だし、全部カネ。どこまでむしり取れば気が済むんだ」「『夜もヒッパレ』の懐かし映像見たいのに」「安室お買い物マラソンエグい。疲れた」と、ネット上には怨嗟の声が渦巻いている。

 昭和の時代、キャンディーズや山口百恵の引退はテレビ各局で放送され、華々しい映像とともに終焉の時を迎えた。それだけに安室が姿を見せないまま最後の日を迎えてしまうのは寂しさを通り越して大ブーイングではないだろうか。アイドル評論家の北川昌弘氏はこう言う。

「AKBなどは卒業後ソロでも引き続き応援してもらいたいという意図があるからこそテレビ露出を拒まないが、安室さんの場合は芸能界への未練がない。将来に向けた打算がないからともいえます。山口百恵さんは周年記念作品をリリースしたり、レコードからCD化したりと後々まで本人稼働ナシで収益をあげていたといいますから、長期セールス展開を考えるなら露出が少ないほうがベター。それも含めて“平成らしい”引退の仕方なのかもしれません」

 9月16日、沖縄で本人出演ナシのフィルムコンサートで完全引退する安室。それでも当日は“ナマ安室”の降臨に一縷の望みをつなぐファンたちが全国から集結するため、すでに那覇市内のホテルは予約でいっぱいである。モヤモヤが晴れないファンのやり場のない気持ちはどこへ向かうのか。
posted by 隼太郎 at 11:11 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

ローラの活動拠点は海外? イタリアでのバスローブ姿に「天使」という声

rola.jpg
(画像は"https://www.instagram.com/p/BmPLv59B80K/?hl=ja&taken-by=rolaofficial">ローラ公式Instagram)

モデルのローラが、公式インスタグラムにセクシーなバスローブ姿の写真を投稿。

プールサイドで寛ぐ姿が美しいと注目を集めている。

■すっぴんでもセクシーできれい?

ローラが話題の写真をアップしたのは、9日。写真には、

「mysterious night in Olbia」

という言葉が添えられており、イタリアのサルデーニャ島、オルビアにいることが伺える。

ほぼすっぴんと思われる顔は艷やかで、肩や脚を大胆に露出したポーズはかなりセクシーだ。

■「天使なんじゃないかな」と絶賛の声

世界中のどこにいてもかわいく色っぽいローラ。

コメント欄には、そんな彼女の投稿を喜ぶファンの声が多数書き込まれている。

・かわいい…ナチュラルローラ美しすぎて直視できない!!(即スクショ!)

・素っぴんが一番かわいい

・綺麗!!!ローラマーメイドみたい

・天使なんじゃないかな?!

■活動拠点はロサンゼルスであることを明かす

ハリウッドセレブ並の美ボディを手に入れ、海外でも活躍中のローラ。

公式ツイッターでは、活動拠点を日本に移したという報道に対し、まだロサンゼルスであることを明かし、話題になった。

拠点をロスから日本にしてないんだけどなぁ☀️

− ROLA (@RolaWorLD) August 8, 2018


公式インスタグラムは、「また日本のテレビに出て欲しい」といったコメントも寄せられている。

posted by 隼太郎 at 10:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

西内まりやが「どうなっているんだい」とメディアに苦言もファンも困惑!

Opera スナップショット_2018-08-09_173559_www.google.co.jp.png

モデルの西内まりやが8月3日、自身のインスタグラムを更新し、メディアの報道について〈何も信じられないのだよ〉と綴っている。

〈何気なく目に入る自分関連のニュースが正しいニュースになっていなくていつも驚いてます。笑〉

と切り出した西内は、続けて

〈どうなってるんだいメディアさん。

これからも好きなように書いて下さるのはいいけれど、デタラメな情報で家族やファンを心配させないでー!笑〉

と要請すると、

〈こうだからもう私は誰かのニュースを見ても何も信じられないのだよ。まったくもー。困ったもんだ〉

などと不満の様子だ。

「今年3月に、デビュー以来所属してきた事務所ライジングプロダクションを退社し、フリーの身となっていた西内には、今後のキャリアに向けた“条件次第では脱ぐかも”といった路線変更に関するニュースなどが多く報じられてきましたが、具体的にどの報道に不満なのかは語られていません。また、前所属事務所とはゴタゴタの末にケンカ別れをしたとされるだけに、『今は静かにしておいた方がいい』『大手事務所をやめたのは痛い』『どこか事務所に所属しない限りは目立った活動はできないでしょうね』との心配の声がネット上から寄せられています」(テレビ誌ライター)

 西内のファンからしても、順風満帆に見えた女優・歌手活動が一転、“社長ビンタ騒動”で突如、事務所を退所した経緯やモデル・呂敏(ロビン)との交際、そして、ここ最近の急激なイキがったキャラへの変更と「何を信じればいいのか」という状況だろう。


芸能活動再開宣言も重くのしかかる「男にハマッたツケ」!

今年3月いっぱいで大手芸能事務所「ライジングプロダクション」から契約解除された女優で歌手の西内まりやが7月20日、自身のインスタグラムを更新し、芸能活動を再開する意向を示した。

西内は同事務所の猛プッシュもあり、歌手として「輝く! 日本レコード大賞」で最優秀新人賞を獲得したり、女優として昨年放送の月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系)で主演を務めるなど、華々しい活躍を見せていた。

ところが、所属事務所の関連会社社長にビンタをしてケガを負わせたことが「週刊文春」で報じられるなど、所属事務所との不協和音が発覚。

その後、同事務所を解雇されたが、その背景には恋人の存在があったと言われている。

「両者の亀裂の発端は、西内さんがモデルの呂敏との交際を反対されたことです。彼女はもともと、安室奈美恵にあこがれて芸能界に入るなどアーティスト志向が強かった。とはいえ、女優の仕事に対しても前向きに取り組んでいましたし、自分を売り出してくれた事務所に対しても恩義を感じていたんです。ところが呂敏と付き合いだしてから反抗的な態度が目立ち始め、仕事にも支障をきたすようになり、ついには暴行事件まで起こしてしまいました」(スポーツ紙芸能デスク)

 いかにもモテそうなタイプの西内だが、意外と恋愛に対してはマジメだったというのである。

それも裏目に出てしまったようで…。

「今では完全に呂敏にハマってしまい、女性誌の直撃インタビューにも呂敏同伴で取材に対応するくらいですからね。『文春』の記事に関しては、西内さんにサジを投げた同事務所のリーク説が根強くささやかれています」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 そんな西内の復活宣言だが、業界内の反応は冷めたものだとか。

「男に走り、大恩ある事務所とケンカ別れというのはいかにもイメージが悪いですからね。シビアな話、特別演技がうまいわけでも、歌がうまいわけでもないし、お世辞にも前途洋々とはいかないでしょう」(別の芸能事務所マネージャー)

 西内が復活を果たす日は来るのか──。

posted by 隼太郎 at 17:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衝撃の発毛剤CM 草なぎ剛&香取慎吾

無題.jpg

お笑い芸人・トレンディエンジェル風の髪形に一瞬、誰だか気付かなかった視聴者も多いのではないか。

日用品のアンファーが発毛剤「スカルプD メディカルミノキ5」のイメージキャラクターに元SMAPの草g剛(44)と香取慎吾(41)を起用した新CM「スカルプD ミノキ兄弟」編を6日から全国でオンエアした。

ネット上では「インパクト強すぎ」「笑えました。面白いCM」などと話題になっている。
それもそのはず、草gが兄役、香取が弟役で出演。

弟「兄さん、すごい発毛剤が出たんだ」
兄「……生えるのか……?」
弟「ミノキなら生える」

 と、この会話だけでも衝撃的だが、白いシャツを着てサラリーマン風に正装した2人の髪形はオールバック。
生え際は後退していて、おでこがかなり広い。
アイドルとは思えないビジュアルはインパクト大だ。

CM起用の理由を発売元のアンファーに問い合わせると
「テレビのみならずWEB上でも話題を広げていくパワーがお2人にはあります。新たな挑戦を繰り返し、どんな状況でも活躍できるということを証明し、多くの方々に勇気を与えているからです」(担当者)と回答。

■印象評論家も出演は「正解」

実は草gがスカルプDのCMに出るのは、今回が4回目。
初めて出演した2010年はスタイリング剤のCMに出演し、2、3回目は元SMAPの中居正広とシャンプーのCMで共演した。

もちろん、商売上の戦略もある。
アートネイチャーはTOKIOの城島茂を、3月からハイブリッド増毛法「マープ リボーン(MRP REBORN)」のイメージキャラクターに起用した。
“城島効果”はてきめんで、増毛の利用者が急増し、問い合わせが殺到しているという。

 芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏が言う。

「解散したとはいえ元SMAPのメンバーはいまだに根強い人気があります。城島の例もあるし、スポンサーとしては好感度の高い草gを起用すれば、商品が売れると判断したのでしょう。
もっとも、草gにもメリットはあります。
若手アイドルは別として、今どき、中年の芸能人が薄毛を“カミングアウト”するのはダメージにならない。
好感度が高ければなおさらで、むしろ共感を呼ぶかもしれない。
しかも、養毛・発毛関連のCMは“リスク”を考慮して通常の出演料金の1・5倍が相場といわれています。おいしい仕事なんです」

「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に出演中の印象評論家・重太みゆき氏も草gの発毛剤のCM出演は正解だという。

「顔を全部出す、おでこの真ん中を見せることで、薄毛でも清潔感を感じ、堂々とした印象になります。すべてをさらけ出して、隠すものがないので、周りから受け入れられやすくなります。コンプレックスがある人に勇気を与え、ファン層も広がると思います」

posted by 隼太郎 at 10:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする