2018年01月23日

フジ山崎夕貴「みなおか」の自宅突撃に“ヤラセ疑惑”が噴出

いやいやいや、あれはヤラセとは言わないでしょ。
女子アナなんだから、ある程度打合せしてても問題ないよ。

2018-01-23_173200_news.infoseek.co.jp.png

1月19日に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)に同局アナの山崎夕貴が出演。自宅に突入されたときのリアクションがネット上でイジラれまくっている。

 山崎が登場したのは、手早くごはんを作る腕を競う人気企画「突撃となりのチャチャッとキッチン」のコーナー。しかし山崎は撮影当日、自身がMCを務める情報番組「ノンストップ!」の打ち合わせを自宅で行うと伝えられていたようだ。ところがマンションの玄関ドアを開けてみると、とんねるずをはじめ、カンニング竹山、同局アナウンサーの永島優美らが、顔を並べていたのだ。

 その瞬間、山崎は目を丸くして「ちょ、ちょ、ちょっと待って。なにしてるんですかー? はあ? 何してるのー!」「ちょっと待って! なにしてんの? ノンストップじゃない…」と狼狽モード。しかし山崎にかまわず、とんねるずの一行は部屋の中に突入。慌てた山崎が部屋に干してあった洗濯物を隠す場面もあった。

 山崎が完全に一杯食わされた形だが、ネット上の反応は違った。「仕事の打ち合わせでスタッフが自宅に来るの? そしてその状況で部屋干ししてるの?」「化粧バッチリしていて、いきなり“なにしてるんですかー?”には笑った」「山崎のリアクションがオーバー」など、ヤラセを疑う声が上がったのだ。

 「じつは2015年8月に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』でも、山崎は自宅を公開しています。そのときは定点カメラでの撮影でしたが、同じ番組で一度仕掛けられているのですから、とんねるずの姿を見たときにピン!ときてもおかしくない。“またか…”というリアクションならわかりますが、今回はあまりにも驚きすぎでちょっと不自然です」(テレビウォッチャー)

 仕事とはいえ2度も自宅を公開するハメになった山崎はかわいそうだが。

posted by 隼太郎 at 18:10 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

小室哲哉さん、引退を表明…「文春」でまた一つ才能が消える

文春のせいでまた一つ才能が消えていく。。。

音楽プロデューサーの小室哲哉さん(59)が19日午後、東京都内で記者会見を開き、「僕なりの騒動のけじめとして引退を決意しました」と述べた。

news.infoseek.co.jp.png

一部週刊誌が、くも膜下出血で倒れて闘病中の妻、KEIKOさん(45)以外の女性との交際を報じていた。

 小室さんは、1980年代からグループ「TM NETWORK」のメンバーとして活躍。作詞・作曲家やプロデューサーとしても手腕を発揮し、90年代には自らも参加したグループ「globe」や安室奈美恵さんらの作品を手がけ、ヒット曲を次々と生み出した。華やかな音作りで知られ、その音楽は「小室サウンド」として、幅広い人気を誇った。
posted by 隼太郎 at 13:51 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

「車内」「軋む音」…フジ秋元優里の騒動で蘇るFカップ女優“伝説の不貞”

akimoto-yuri09.jpg

年内最初の「文春砲」を放たれた形のフジテレビの秋元優里アナ。同局のプロデューサーと、おたがい結婚している身でありながら、竹林に停めた車内で不貞にふけっていたことが同誌に報道され、一部ネットでは彼女のことを「バンブー秋元」と呼ぶ者まで現れている。

 そんなネットユーザーの妄想をたくましくさせているのが、コトが行われていたとされる車のサスペンションの軋み。30分以上も揺れていたというから、その熱愛ぶりがうかがい知れる。

 そんな「車内不貞」「サスペンション」「30分」と聞いて、事情通が思い出してしまうのが、17年前の雛形あきこと、当時の年下マネージャーとの「不貞騒動」だ。

「彼女は当時、敏腕CMディレクターY氏と結婚し、長女を出産していたんですが、直後にマネージャーとのワンボックスでの不貞が写真誌に報じられたんです。秋元の相手であるプロデューサーは、運転席からそのまま後部座席に移動していたそうですが、このマネージャーも同じく車内を移動し、30分しけこんでいたといいます。しかもサスペンションもギシギシと…。推定Fカップと言われる彼女の豊かなバストが揺さぶられたと大いに話題になったんです」(芸能ライター)

 その後マネージャーは退社。雛形も2年後の2003年にY氏と離婚した。ちなみにそのY氏のプロフィールを見ると03年、突如、ヨーロッパアルプスの最高峰・モンブランに登っているが“傷心登山”だったのか。当の雛形はのちに同い年の俳優と再婚している。

 いずれにしてもホテルでも撮られ、自宅も張られ、車も追いかけられる──不貞疑惑ゆえ自業自得とはいえ、有名人が隠し事をするにはそれ相応の「覚悟」が必要なようだ。
posted by 隼太郎 at 16:33 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする